お知らせ

2017年10月29日日曜日

11月の行事予定

≪月例行事≫

○ 11月  1日(水) 夜7時30分 ~ 本妙寺 お題目講
○ 11月  7日(火) 夜7時30分 ~ 正法寺 お題目講
○ 11月 18日(土) 午前10時  ~ 池上別院 お題目講

≪特別行事≫

○ 12月2日・3日 京都霊跡参拝 


 ※上記の諸行事につきましては、檀信徒さんに限らず、どなたでも自由に参加ができます。不明な点は正法寺までお気軽にお問い合わせください。
 
 
 

2017年10月22日日曜日

印鑑供養祭

10月1日の印章の日にちなんで、幸せの丘ありあんすに於いて、株式会社宗家日本印相協会主催の印鑑供養祭が厳修されました。ルリエ女神の御前にて、全国各地より寄せられた印鑑や表札
を奉り読経と唱題にてご供養が施されました。


2017年9月29日金曜日

若宮八幡大祭

 9月23日(土)午後6時半より、本妙寺八幡宮に於いて、若宮八幡大祭が厳修されました。当日は曲淵吉景公勧請の八幡像が御開帳され、押越曲がり地区の氏子が参詣し、読経後に特別祈祷や催しなどが開かれました。




秋彼岸会・お会式法要

 9月23日(土)午後1時より本堂に於いて、秋彼岸会・お会式法要が厳修されました。当日は檀信徒各家先祖の追善菩提、宗祖日蓮大聖人第736遠忌の報恩謝徳が祈られました。

午後2時からは鬼子母神堂に於いて、秋の霊宝一般公開が開催されました。本年は谷口法悦寄進の大涅槃図など数点が展示され、霊宝室の職員により説明が行われました。








2017年9月9日土曜日

鬼子母神大祭 

9月7日(木)、お寺の年間最大行事である鬼子母神大祭が開催されました。本年は享保元年から奉安300年の節目にあたり、非公開の十羅刹女像や江戸期のお題目講中の御本尊などが祭典に際して祀られました。当日は天候が心配されておりましたが、県内外より大勢の皆様に参詣いただきました。歴史ある伝統行事を後世に伝えるべく努めてまいりたいと存じます。


















お詣りの皆様、各地より誠に御苦労様でございました。又、祭典に際しまして、御理解、御協力を頂きました関係各位の皆様、テレビや新聞等の報道機関の皆様、心より御礼を申し上げます。



2017年8月1日火曜日

鬼子母神大祭のご案内 9月7日(木)

正法寺鬼子母神大祭  9月7日(木)
苦難ん押し越し鬼子母神

 ★本年の大祭概要

○特別祈祷、午後6時半~9時 鬼子母神堂
古来から大祭縁日は一年で最も、その守護神の御威光が発揮されるといわれます。当日は鬼子母神様を御開帳し、大勢の僧侶による祈祷を行います。どなたも自由に受けることができます。


○抹茶接待、午後7時~9時 書院
当日は琴の音の中で、正法寺茶道会による、抹茶の接待がございます。どうぞ皆様でお気軽にお越し下さい。

○フードブース・露店 
本年も門前や境内において、たくさんのフード類や露店が出店いたします。

○お楽しみイベント  
本年も境内において、小中学生の皆様には文具菓子類、参詣者には冷たいお飲み物をサ-ビスしております。夜8時より花火の打ち上げがあります。

★タイム
スケジュール                                
○午後5時半~  露店の出店、各イベントの開始
○午後6時半~  特別祈祷の開始
○午後7時~    抹茶の接待
○午後8時~    花火の打ち上げ
○午後9時~    最終の祈祷になります


★お知らせ
その1、 一昨年より特別祈祷の開始時刻が30分早まりました。

その2、 鬼子母神大祭の開帳札は大祭当日のみお求め頂けます。大祭の縁起物である開帳札には記念品等が付いております。当日の受付にて「お志」にて授与しております。

その3、 当日の駐車場は、昭和町民体育館になります。

その他の鬼子母神大祭の詳細は公式サイトをご覧下さい。
                 公式サイト http://www.shoboji.jp/  

鬼子母神様のご縁起  9月7日(木)

●日時 
平成28年9月7日(木)

●由来  
正法寺の鬼子母神様
は「子育て鬼子母尊神」「微笑み鬼子母神」などと称されます。

●奉安300年
享保元年(1716)申年3月17日。昨年の平成28年は、奉安300年の祝年を迎えました。

これは江戸時代中期、近くを流れる川の大洪水があり、上流より流されてきた今の鬼子母神様を当時の村人が拾い上げ、お寺に奉るようになりました。通常の鬼子母神像は、鬼形と言われ、鬼の怖い姿をされていますが、當山の像は、子供を抱いて笑みを浮かべるめずらしい形像をしています。以来「子供の神様」として、子授けや安産祈願、発育や学業の祈願、さらには「信仰者の守護神」として、古来から篤く信仰されています。殊に9月7日は「大祭縁日」として、各地から大勢の参詣者が訪れます。